INDIVIDUALISM / DIVIDUALISM 

 複雑化していく現代社会を生きる私たちが 

 他者に向き合う上で持つ 「多面的内面性」

 の一つ一つにクローズアップし、

 それぞれを象徴的造形としてデザイン

「生きやすさ」のヒントを思考するシリーズ

peaceofmind_k10ring1.jpg

PEACE OF MIND

frommywindow_k10ring2angle.jpg

from my window

blakesladder_925ring1.jpg

BLAKE'S LADDER

dividualist_k10ring1.jpg

DIVIDUALIST

peaceofmind2_925ring1.jpg

PEACE OF MIND Ⅱ

unicornuus_925_1.jpg

​UNICORNUUS

ouroboros_k10_1.jpg

OUROBOROS

mirrorpond_k10ring1.jpg

MIRROR POND

INDIVIDUALISM / DIVIDUALISM  -「個人主義 / 分人主義」の意

「自らの頭で考えて行動に移して切り開く力  / 複雑化した現代社会で生きていけるように人は様々な顔を持ち合わせている」 という2つの意味を表しています

​(個人主義とは→ Wikipedia  / 分人主義とは→作家・平野啓一郎氏の著書「私とは何か - 個人から分人へ」より)

このシリーズのテーマは「思考すること、エンパシーを持つこと」

美しさやカッコよさ、癒しというような耽美的な感覚を提示するだけでなく、政治やこれからの社会の在り方に対するしっかりした思考が根底にありながら、個々の人間精神にフォーカスしたものづくりが目的です

内省的でありながら、人間力を高め、生きる力の糧に繋がるものづくりによって、私たち自身にとっても、手にしてくれる人にとっても、思考を促すきっかけになるようなジュエリーになれば、と思っています

mirrorpond_k10ring1.jpg

MIRROR POND

自らを映す鏡
​一石を投ずべき水面

RING
​10-karat gold  /  925 SILVER

 

波のない静かな水面が鏡になって地上の景色を映す鏡面湖(池)
その水面に​一石を投じることで波紋を起こす
その鏡面によって自分自身も省みる

 
dividualist_k10ring1.jpg

DIVIDUALIST

分人主義
様々な顔を持っているのが一人の人間である

RING
​10-karat gold  /  925 SILVER

 

'個人主義' から派生した "分人主義" 

まさに外を向いた二つの顔が一つに繋がることで

​一人の人間の持つ様々な顔を表す

 
 
ouroboros_k10_1.jpg

OUROBOROS

自我未成立の幼年期における無葛藤な姿
​人間精神(プシュケ)の元型を象徴するもの

RING
​10-karat gold  /  925 SILVER

 

自らの尾を咥えて円形になった蛇やドラゴンの姿で表されたウロボロス

古くから循環性や始原性といった「死と再生」 や 「永遠」などを意味するシンボルとして紋章などにも広く存在してきた

blakesladder_k10ring1.jpg

BLAKE'S  LADDER

ブレイクの梯子
天と地を結ぶ 螺旋

RING
​10-karat gold  /  925 SILVER

 

19世紀の詩人で画家のウィリアム・ブレイクは螺旋(らせん)にこだわり、ヤコブの梯子(はしご)を螺旋状に描いた
ヤコブの梯子 - 旧約聖書の創世記 28 章 10 -12 節でヤコブが夢に見た、天使が上り下りしている 天から地まで至る梯子、あるいは階段

 
psyche_k10ring1.jpg

​PSYCHE

プシュケとは古代ギリシア語で元々は息(呼吸)

を意味し、転じて「生きること(いのち、生命)」

「心」や「魂」を意味するようになった言葉である
 

RING
​10-karat gold  /  925 SILVER

 

プシュケとはギリシア神話に登場するキューピッド(別名アモールamor,エロスeros)と苦難を乗り越えた末に結ばれ 人間から神になる娘の名でもある

 
frommywindow_k10ring1.jpg

​from my window

アンドレ・ケルテス、
ニューヨークのアパート12階の窓辺
妻・エリザベスのガラスの胸像

RING
​10-karat gold  /  925 SILVER

 

ニューヨークのワシントン・スクエア・ガーデンを見下ろす アパートの12階の自宅の北側の窓から、ガラスの胸像やオブジェ、窓辺の風景をポラロイドSX-70で撮影した作品集「a ma fenetre / from my window」から着想

象徴的に登場するガラスの胸像は、1977年に先立たれた最愛の妻エリザベスが本屋のショーウィンドウで見つけたものと、後に自身で見つけたもう一つの胸像であったという

ハンガリーからパリへ、その後ニューヨークへと移り住んだケルテスの撮ったこのアパート12階の一室の窓辺風景の作品群は、いまの私たちに様々なことを思い起こさせてくれる

 
unicornuus_k10_1.jpg

UNICORNUUS

『純潔心』
ユニコーンの角

Pendant
​10-karat gold  /  925 SILVER

 

プリニウスの博物誌にもあるように、

象にも立ち向かう勇猛果敢な性質を有し、

決して生きたままで人間の手に落ちること

はないといわれるユニコーン

唯一心を許すのは純潔な心を持つ人間にだけ

人間の持つあさましさや残虐性を敏感に見抜

いてしまう

 
 
peaceofmind_k10ring1.jpg

PEACE OF MIND

人それぞれが持っている

心が平安になれる時

RING
​10-karat gold  /  925 SILVER

 

人それぞれに異なる「心の平安」をもたらすもの・こと・時

peaceofmind2_k10ring1.jpg

PEACE OF MIND Ⅱ

人それぞれが持っている

心が平安になれる時

RING
​10-karat gold  /  925 SILVER

 

人それぞれに異なる「心の平安」をもたらすもの・こと・時

 
eros_triangle_k10_up.jpg

EROS
​-Adam, Eve, Cherubim

情動・感覚・知

RING
​10-karat gold  /  925 SILVER

 

Adam (アダム) -  情動  - - - リベット(鋲)

​Eve (イヴ)  -   感覚   - - -  薔薇

Cherubim (ケルビム) -  知   - - - フェーブ(の顔)

「民主主義が未だ成し遂げていないことは、個人に自分自身を愛させること、すなわち個人の知的・情動的・感覚的潜在能力の全てを使って個人の自己に対する深い肯定感をもたせることだ」

  --- エーリヒ・フロム

自己に対する肯定感のなさ、無力感は、確実性を与えてくれるとみなされる権威や体制への服従へと繋がり、ますます自己放棄に拍車をかける

一方、自らの内なる尊厳や生命を知る者は、他者の内にも同様なものがあることを知るのである


​個人の自立とそこから導かれる他者へのエンパシーこそが、

エーリヒ・フロムの説く「愛」なのだろう